【東海林先生の漢方メモ】
中から元気 中からキレイ ~ 女性のための漢方
アトピー性皮膚炎① アトピーとは? (平成20年2月21日掲載)


 皮膚病の漢方相談で最も多い「アトピー性皮膚炎」に対する漢方の治療法は、
近年、
中医学中西医結合医療の研究により、大きく進歩してきました。
 「アトピー」の語源は、ギリシャ語『a-topos( 奇妙な・変な)』と言われており、
この「奇妙な皮膚炎」が日本で問題視されるようになって、まだ数十年です。
文明化社会の産物とも言われているこの病気は、当然「漢方の古典」にはなかったもので、
日本の漢方でも治療の難しい病気でした。
 日本皮膚科学会では「アトピー性皮膚炎は、憎悪・湿を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と、定義しています。
西洋医学の定義にあるアトピー素因とは、とても複雑な要因で「遺伝的な体質」だけでは解決できない
多くの要素を含んでいます。
 皮膚と内臓の関係を重視する中医学の理論では、患者の皮膚の状態だけでなく、
五臓六腑との関連も詳しく調べ、生活習慣や自然環境が体に及ぼす影響も考慮した、
患者個別のオーダーメイドの治療が可能です。

  アトピー性皮膚炎症状チェックリスト
 ① 皮膚に丘疹(ブツブツ)、紅班(赤み)がある
 ② 皮膚に小水疱、滲出・糜爛(ジュクジュク)がある
 ③ 皮膚が鱗屑(カサカサ)、または苔癬化(ゴワゴワ)になっている
 ④ 発疹部分はかなりかゆく、掻き壊した傷がある。
 ⑤ 乾燥肌または鮫肌である
 ⑥ 発疹が始まってから6ヵ月を経過している
 ⑦ 発疹は左右対称的な特徴を持つ
 ⑧ 顔面、頚部に発疹がある
 ⑨ 肘、膝のウラに発疹がある
 ⑩ 喘息または花粉症を患ったことがある
 ⑪ アレルギー性鼻炎またはアレルギー性結膜炎がある
 ⑫ 家族の中に皮膚が弱っている、またはアトピー性皮膚炎と言われた経験者がいる
 ⑬ 家族の中に喘息、またはアレルギー性鼻炎、結膜炎経験者がいる
 ⑭ IgE(免疫グロブリンE抗体)値が上昇している
 ⑮ アレルギー検査で、陽性になっているものがある

      文芸社「アトピー性皮膚炎の正体と根治法」より

漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.