【東海林先生の漢方メモ】
生理痛はないのがあたりまえ! ~ 女性のための漢方
PMSと不妊の関係性  (平成29年3月16日掲載)

 「陽気は良くなってきたのに、春は何故か気が滅入る」――そんなことを感じたことはありま
せんか? その原因は中医学で考えると「
気(き)の滞り」にあります。
 
は体の代謝に関わる重要なエネルギーで、血(けつ)を体の隅々まで行き渡らせる働きがあり
ます。
 生理前に「イライラ」や「胸やお腹の張り」「便秘」「肌荒れ」などの症状がでるPMS(月
経前症候群)も実は
の滞りが関係しています。
 生理前は妊娠に備えて、
気・血のエネルギーが増えている時期なので、その分、滞りやすくな
り、
気血の流れが乱れやすいのです。

 生命活動が高まる春は、妊活に適した季節である一方、
気血を巡らせる「肝(かん)」疏泄
(そせつ)機能
(伸びやかに気血を運ぶこと)も乱れやすくなる時期。加えて天候不順や新年度と
環境の変化によるストレスが
に影響し、気血を作る胃腸の働きを弱め、さらに気血の巡りが悪
くなる悪循環に陥りがち。
 特に不妊治療をしている人は、通院予約や仕事との両立、期待と落胆を繰り返すことで、多大なストレスを受けています。
 そんな時は、漢方の
疏肝薬(そかんやく)[逍遥丸(しょうようがん)開気丸(かいきがん)など]での滞りを改善するだけでも、の巡りが良くなり気分も明るくなるはず。
「気分屋」の言葉にもあるよう、
は変化しやすい性質があるため、飲めば直ぐに効果を感じられるのが特長。
 せっかくの春、気分を変えて楽しく妊活をしてみませんか?


漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.