【東海林先生の漢方メモ】
生理痛はないのがあたりまえ! ~ 女性のための漢方
インフルエンザに効く漢方とは?  (平成29年12月21日掲載)

「インフルエンザ予防に有効な漢方があると、テレビで見たんですが…」という問い合わせが増えています。その番組の影響か、皆様一同にお求めになるのが、「㊶補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」。しかし体質は十人十色、すべての方に有効な処方ではありません。

 インフルエンザ対策には、中医学の
「扶正袪邪(ふせいきょじゃ)」の考え方が有効です。
「扶正」とは、身体の免疫力となる「正気(せいき)」を養うこと。
正気とは食物から作られる気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)[精(せい)]によって維持されます。正気(免疫力)をアップして、ウイルスを寄せ付けない体作りが大切。

「袪邪」とは、正気が弱って病気の原因となる邪気が体内に侵入したときに、邪気を追い出す対症療法。
 インフルエンザウイルスも
邪気の一つ。症状により適応する処方も異なるため、「一概にコレ」とは言えませんが、一般的なインフルエンザの症状は熱性の症状が多く「天津感冒片(てんしん
かんぼうへん)」
「板藍根(ばんらんこん)」などの辛涼解表剤清熱解毒剤が使われます。

 保険医療では「麻黄湯(まおうとう)」が使われているそうですが、麻黄湯は温めて発汗を促す
辛温解表剤なので、口渇して喉が腫れ高熱を出す症状には適応出来ません。

 学級閉鎖になっても発症しない子供は、胃腸が元気で
正気が充実していたのでしょう。
日頃から食が細く疲れやすい方は、
扶正のための補中益気湯も有効です。
最近SNSで話題になっている
板藍茶(ばんらんちゃ)は、中国で有名な袪邪の生薬です。


漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.