【東海林先生の漢方メモ】
生理痛はないのがあたりまえ! ~ 女性のための漢方
血圧は常に変動している  (平成30年12月20日掲載)

 高血圧は、日本人の死因ワースト4の心疾患と脳血管疾患に関して大きなリスク要因となります。自律神経が司る血圧は、常に変動していて一日の内でも上下しています=表。
血圧の日内変動の一例
 睡眠時は低く、日中活動を開始すると上昇し、食事や排便時、緊張や興奮などで一時的に上がり
ます。
 常に高い状態が続くと血管が破れたり動脈硬化が進むため、西洋医学では診察室血圧が上140以上(収縮期)、下90以上(拡張期)になると降圧剤が使われます。
 しかし、血圧は下げれば安心なのでしょうか?
体力の落ちた高齢者は、血圧を下げ過ぎると元気がなくなり、転倒や骨折、脳梗塞、認知症などのリスクが高まることが指摘されています。
また気温や気候の急変動は血圧にも大きく影響します。

 中医学では、血圧が上がる原因を個別に改善して、日内変動や気候の急変に耐えられる〝丈夫でしなやかな血管〟にすることが大切と考えます。
 血管力を上げるには「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」などの
活血化瘀薬(かっけつかおやく)を使った瘀血(おけつ)の総合療法がおすすめです。


漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.