【東海林先生の漢方メモ】
生理痛はないのがあたりまえ! ~ 女性のための漢方
中医学の花粉症対策  (平成31年2月21日掲載)

 今年も花粉の飛散が始まりました。日本気象協会によると飛散量は例年より多く、3月に各地でピークを迎えるようです。
 西洋医学では、花粉が侵入して引き起こされるくしゃみ・鼻水・目のかゆみなどを薬で抑える対症療法が一般的です。この様なアレルギー症状は、生体の免疫機能が過剰に働いた状態で、抗アレルギー薬はその機能を遮断して症状を抑えます。

 一方、
扶正(ふせい)<正気(せいき)を養い免疫力を高める>と袪邪(きょじゃ)<邪気(じゃき)を取り除いて症状を和らげる>の両面から対応出来る中医学の花粉症対策は、症状に合わせて「頂調顆粒(ちょうちょうかりゅう)」「涼解楽(りょうかいらく)」などの袪邪の処方で症状を
和らげながら、「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」などの
扶正の処方で皮膚や粘膜のバリア力<衛気(えき)>を高めることに主眼を置きます。

 
衛気は外から侵入してくるウイルス・細菌などの病原体や花粉などの刺激物<外邪(がいじゃ)>から体を防衛する力。春は花粉のみならず、外邪の影響を受けやすい季節なのです。
 そのためには、免疫力を高める腸の働きも大切です。過食や生もの、冷たい飲食を控え、粘膜を修復するための睡眠を十分にとりましょう。
 中医学的アプローチで、アレルギー体質が治まった方も多くいます。有名な
「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」は、鼻水を主症状とする風寒(ふうかん)の邪に有効な袪邪の処方です。


漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.