【東海林先生の漢方メモ】
生理痛はないのがあたりまえ! ~ 女性のための漢方
本当に「水はたくさん飲んだ方がいい」の?  (令和元年8月22日掲載)

 キレイなモデルさんが美容法の一つとして「水をたくさん飲むといいですよ」と推奨しているのをたまに聞きます。その他にも「血が濃くならないように」「便秘しないように」など水を飲む健康指導は山のようにあります。
 人間の身体は約65%が水分と言われることからも、確かに適度な水分補給は必要不可欠です。
特に熱中症の危険性が連日叫ばれるこの季節は注意が必要となります。

 中医学では体に必要な水分を
「津液(しんえき)」といいます。口から飲んだ水は胃腸で吸収され「脾(ひ)」の働きによって、この津液が作られると考えられています。
 ところが、
が弱い人は、同じ量の水分を摂取しても吸収できずに「痰湿(たんしつ)」(体に不要な悪い水)となり溜まってしまいます。この痰湿が、むかつき、もたれ、重だるさ、めまい、むくみ、軟便・下痢などの症状を起こす原因となります。

 自分が
痰湿が溜まりやすい体質がどうかは、鏡で舌を見ると分かります。舌の表面の苔が白く厚い人や、舌がむくんで周りに歯の跡がついている人は要注意。が弱っている<= 脾気虚(ひききょ)>証拠です。
 水分の取りすぎ、特に冷たい飲み物は禁物。
の動きを改善し津液を増やしたり、痰湿を取り除く漢方が色々あります。
 ぜひ一度ご相談ください。



漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.