【東海林先生の漢方メモ】
生理痛はないのがあたりまえ! ~ 女性のための漢方
中医学で男も“妊活”  (令和元年9月19日掲載)

 10月公開の映画「ひきたさんご懐妊ですよ」では、松重豊さんが45歳で妊活に挑む主人公を演じています。妊娠するためには、男女ともに健康であることが大切。
 不妊症の半分は男性側にも原因があるのですが、一般的には男女の間で意識に差があるのが現状です。正常な男性の精子の数は1ml中に3900万以上で運動率が40%以上、奇形率が96%未満…など。映画で主人公は精子の運動率が20%しかないと言われ、ショックを受けます。

 男性不妊の原因は、先天的な生殖機能の低下に加え、過剰なストレス、偏食、過度の飲酒や生活習慣の乱れなどがありますが、病院で検査はしてくれても特に有効な治療法や薬は無いのが現状です。
 中医学的には生命エネルギーである
「腎気(じんき)<腎精(じんせい)>」を消耗し、「腎虚(じんきょ)」状態になっていると考えます。腎虚は通常40歳以降から徐々に現れますが、最近は若年層にも見られるケースが増えています。
 男の妊活は、日頃の養生と合わせて、
脾(ひ)を補う補腎薬「参馬補腎丸(じんばほじんがん)」など体質に合わせた漢方を上手に使って、生命エネルギーを高めることで良い結果が出ています。
 映画の主人公も様々な試みで、男性機能を向上させようと奮闘しています。ぜひ一度、ご夫婦で相談にいらしてみては?



漢方メモ バックナンバー一覧へ戻る >>


開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.